CX200 レビュー!

CX200 CX400.JPG

ダンロップの新作ラケット【CX200】
スクールにモニターが届いたので早速試し打ちしてみました!

このラケット、発表になってから楽しみにしてたんですよね。

97インチのボックス形状。
フッキーさんのインプレでもかなり好印象だったのが伝わってきます。






では、早速いきます!

【ストローク】
 第一印象。「か、硬い...」
張ってあったのはBABOLATのADDICTION。正確なテンションは不明ですが、結構硬めに張ってあったんじゃないかな。
 そのせいもあるとは思うんだけど、ちょっと硬い印象。
 しっかり構えて打てた時は良く言えばしっかりした感じで食いつきも感じられました。
 ただ、軽く打った時や、バックハンドなんかではボールに勢いがあまり感じられなかったかな。。
 EZONE100になれてしまった40歳にはちょっと厳しかったかな。

【ボレー】
 ボレーに関してはコントロール性の良さを感じることが出来ました。
 EZONE100は普通のミドルボレーなんかは問題ないんだけど、ハーフボレーの時なんかに
 若干コントロールし辛い(浮き易い)んですよね。もちろん腕の問題なんだけど。。
 やはりコントロール性は97インチといのもあってよかったです!

【サーブ】
 これが一番顕著にEZONE100との差が出ました。 
 EZONEの方が速いボールが打てますね。。


【結論】
 僕にはちょっと使いこなせないかなぁ。
 ガットを工夫したり、使い込んでいけば使えなくはないと思うけど。
 

CX200と一緒にCX400も打ちましたが、こちらの方が楽に打てますね!
ただ285gということでちょっと軽すぎるかなと。

これもチューンアップすれば良いのかもですけど、あまり鉛とかぺたぺた張るの好きじゃないので。

ということで、当面は引続きEZONE100で行きまーす。


 




この記事へのコメント

応援よろしくお願いします!
テニス ブログランキングへ